Une baguette et des baguettes  ~フランスパンと箸~ 2

香港での暮らし、日本のこと、フランスのこと、日々のことあれこれ。

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐ旧正月

今年の旧正月は2月3 日です。
ただ今、香港の街は 旧正月の赤い飾りがいっぱいで、とても華やか。
その街の様子の写真は、まだ撮ってませんが(苦笑)

こちらは、活気溢れる街市( 市場)にて。

旧正月に食べるのかな? 柑橘類。


スーパー内のお花屋さん。

旧正月には、枇杷みたいな鉢植や小さなミカンが沢山実った木が飾られます。今、アパートの入口にも、立派なミカンのような木が置かれています。

これも街市にて。饅頭かな?


大きなチョコレートの箱とか、スナック菓子とか、いつも以上にお菓子もたくさん売られています。
香港人は、親戚の家にお菓子を持って新年の挨拶回りをするそうです。

そして、そのお菓子類をこの丸い派手な入れ物に入れるらしい。

この入れ物は、中華テーブルのようにクルクルと回転します。取りやすくするため?
おもしろいので ちょっと欲しくなる(笑)


そして、旧正月に欠かせないモノの一つがライシというお年玉。
貰えるのは子供だけでなく、上司→部下、既婚者→未婚者、お手伝いさんや、いつもいくレストランの店員さん、アパートのコンセルジュや警備員や掃除のおばちゃんなどなど。

今年はアパートから二冊(20袋分!)もライシ袋を渡され、バス会社やスーパーからももらいました。我家は、あげるのはアパートで働く人たちくらいだから、こんなにいらない(苦笑)
ちなみに中身は新札で、アパートの人には20ドルが相場。200円ちょっとだけど、あげる人が多いと塵も積もれば山となる~旧正月には多額のお金が動く香港です。
スポンサーサイト

| 香港いろいろ | 22:19 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。